レーシック前に必要なカウンセリング

Pocket

レーシックとは、角膜をレーザーで削り、角膜のカーブを変える事で、視力を回復させていく施術です。
施術を受けた後は、眼鏡やコンタクトをしなくても良い状態となる事で人気です。
そんなレーシックの施術を受けたいと考えた場合に、重要になってくるのが、施術の前に行うカウンセリングです。
カウンセリングでは問診の他、角膜の状態等を検査していきます。
施術を受ける為には、角膜にしっかりとした厚みがある事が重要になってきます。

角膜が薄い人は、それ以上角膜を削る事が出来ない為、施術を受ける事が出来ない事が一般的です。
ただ、現在は、角膜が薄い人でも受ける事が出来る施術を行っているクリニックもあります。
ですから、最初に施術を受けたクリニックで、角膜が薄いと言われた場合でも、角膜の厚みに関わらず施術が可能としているクリニックで再びカウンセリングを受けてみる事で、施術を受けられる可能性が出てきます。
レーシックを受ける為のカウンセリングでは、角膜に関する検査の他、施術の工程の説明や不安や疑問の解消、そして安全に施術を行う事が出来るかどうかを確認する診察等を行っていきます。
そして、問題がないと判断されれば、実際の施術に進んでいけるようになります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP