脂肪吸引に後遺症はあるのか?

Pocket

脂肪吸引は、二の腕やふくらはぎ、ふとももなど、ダイエットをしてもなかなか痩せにくい部分であっても的を絞ってスリムにすることができる施術です。
子供のころには数が決まってしまう脂肪細胞ですが、脂肪吸引では細胞ごと体外に出してしまうのでリバウンドの可能性も低く、非常に効果的なダイエット方法です。
美容クリニックでも人気の施術であり、たった一日で効果を実感することができます。

部分痩せには非常に効果の高い施術であり多くの人に利用されてきていますが、後遺症の例も報告されているのです。
脂肪吸引は、吸引のための器具を体内に入れるために皮膚を少しだけ切開する手術をする必要があります。
そのために、内出血が発生するというトラブルも多いものです。
内出血は、腫れたようになったりあざができる、肌が凸凹になるなどの症状になりますが、これらは一ヶ月から二ヶ月で自然に目立たなくなって肌も平らになるのでそれほど心配することはありません。
しかし、切り口から感染症にかかってしまうという可能性も否定できません。
これらの症状は、医師の選択によっても防ぐことができます。
安全性を第一に考えている医師であれば、これらの症状を想定して処置をしてくれるものです。
脂肪吸引施術は高度な技術が必要なものであり、腕のある医師選びは非常に重要です。
口コミを参考にして実際に施術を受けた人の声を耳にして、安心して任せられる医師に施術をお願いしてみましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP